城川郷




「城川郷」は愛媛の山あいの一角にある小さな蔵元です。大きな蔵が何万石という量を誇っているの比べて、この蔵がわずか100石といいますので、この蔵がいかに小さいかがおわかりいただけるかと思います。しかし、社長であり、杜氏である中城氏と奥さんで育てられたここの酒が近年、たくさんの方に知られることとなり、急速に人気を得るようになりました。

年末にはほとんどのお酒がなくなってしまう人気ぶりですが、それでも量を追わず、近在の人たちだけで造られるお酒は年々品質を上げてきています。数年前からは、県外の蔵元で修行をされたご子息が酒造りに参加するようになり、さらなる飛躍が期待される注目の蔵元さんです。


5