京ひな





「白壁と木蝋の町並み」の愛媛県内子町にある酒六酒造、創業は1920年。地元8名の酒造家が集まり酒を醸造したのが始まりです。初代と縁の深かった京都の名僧がこの酒を飲み、称賛したその日がひな祭りだったことから銘柄を「京ひな」と命名しました。


大量生産は早々に止め、昭和52年、伊方杜氏を迎え入れ手造り高品質の吟醸造りを始めます。当時珍しかった淡麗辛口の純米酒や大吟醸酒を造り注目を集めました。


現在あとを継ぐ6代目武知直之氏は、元大手電機メーカー勤務という異色の経歴ながらも酒造りの道へ。先代の「高品質に過剰なし」という理念を継承し、今は無くなってしまった伊方杜氏の技を守り、創業当時のままの木造蔵で手造りにこだわる丁寧な酒造りを続けています。

16