Ohmine(大嶺)

大嶺酒造
50年以上休眠状態だった蔵を復活させ、今、世界中からアツい視線を集める「大嶺酒造」。 Ohmineはニューヨークのデザイン会社に勤務していた秋山剛志氏が帰国後蔵を復活させ立ち上げた銘柄で、白桃の様な芳醇な香りと甘さで海外セレブを中心に人気爆発、現在世界7カ国で展開中です。

地元の契約農家とともに作った最高級酒米「山田錦」と、神様の水として知られる「秋吉台・弁天の湧水」を仕込み水として使用し、山口県の雄大な自然とその恵みを生かし、「Ohmine」は造られています。

2020年、新たな挑戦として分かりにくい特定名称を廃止。精米歩合の違いで、1粒(29%以下)、2粒(30%-49%)、3粒(50%以上)と表現する、数値的視覚的に分かりやすい分類へと変更しました。


27