宮寒梅 Kanbai - Lab. 720ml [4528913001205]

宮寒梅 Kanbai - Lab. 720ml [4528913001205]

販売価格: 1,760円(税込)

在庫わずか
数量:
※写真はイメージです。実際の商品とヴィンテージ等が異なる場合があります。写真内のグラスや装飾品類は商品に含まれません。

商品詳細

宮寒梅kanbailab看板
宮寒梅の新たな挑戦!「軽すぎない重厚感」
「一杯で旨い酒」の宮寒梅より、原酒の低アルコールに挑戦したチャレンジ酒が登場です。「Kanbai-Lab.」とは寒梅酒造の技術向上や新たな挑戦の場として立ち上げた銘柄。蔵元の新たな挑戦を味わい、フィードバックできる商品。

今回のテーマは「軽すぎない重厚感」。度数が低めでもお米の豊かな旨味、奥行き感を感じる、日本酒としての可能性を感じる味わいです。その秘密は「白麹」と「麹歩合」。酒母と添仕込みに白麹を使用し、爽やかさを表現、そして麹歩合を25%まで引き上げることで爽やかに、おりを絡めて重厚感を目指しました。

人気急上昇中な宮寒梅の、今後を占う限定酒をどうぞお楽しみください。

◆飲み方
冷やして飲むのがおススメです。 低アルコールで飲みやすく、日本酒を飲みなれない方にもお勧めできます。

◆宮寒梅/寒梅酒造
宮寒梅を醸す寒梅酒造の創業は大正7年。地主だった創業者が地域の米でお酒を造ったのが始まりです。2011年に東日本大震災で蔵が全壊するも、「心に春をよぶお酒」をキャッチコピーに掲げ、同年12月に再建。五代目の岩崎社長のもと、華やかな香りの「一杯で旨い酒」を目指し造っています。

現在も蔵元の先祖伝来の田を使い、「美山錦」「愛国」「ひより」「山田錦」の4種類もの酒米を種もみから栽培しています。自社米の他、使用するのは全て宮城県産の米という、全量純米、全量宮城県産米の蔵です。 宮寒梅純米吟醸45がシンガポール航空スイートクラスに採用される等、現在では海外での人気がとても高まっています。
宮寒梅KanbaiLab看板

■品名:宮寒梅 宮寒梅 Kanbai - Lab. 720ml
■蔵元:寒梅酒造(宮城県)
■タイプ:---- 火入れ
■原材料:米、米麹
■甘辛濃淡:日本酒度 ---- 酸度 ----
■精米歩合:----%(国産米)
■アルコール:13度
■保管方法:商品到着後は冷蔵保存
■配送方法:常温便(夏季クール便推奨)

■化粧箱:なし
ギフト対応(のし包装・ラッピング)には化粧箱のご購入が必要です。

レビュー

0件のレビュー